総量規制対象外の借り入れはリスクも大きい

消費者金融のキャッシングや銀行ローンなどに申し込んでみようと思ったとき、まず初心者が知らない言葉として総量規制というものが出てくると思います。この総量規制というのは貸金業法に新たに制定された制度であり、

 

個人の借金のし過ぎを事前に防ぐために定められた経緯があります。


その内容ですがまず個人の年収の1/3以上の貸し付けを禁止するというものがあり、これによって収入が低い人が身の丈に合わない借金を背負うリスクを事前に防ぐという意味合いがあります。

同様な目的として借入希望額が50万円以上の場合には原則として収入証明の提出が義務付けられていますが、こちらもきちんとした返済能力があるかどうかを審査する上で大事な点となるので、これが義務付けられました。

しかしこの総量規制の制度には例外というものがありまして、それが銀行系ローンと消費者金融でのおまとめローンとなります。この二つには年収の1/3以上という縛りがないために、より多くの借入ができるようになる他にも、

 

年収が少なくてもある程度は借入をすることができるようになるというわけです。


特におまとめローンなどは他社への借り換えで支払い金額が減るなどして借入をする人にメリットが大きく存在するため、総量規制の目的である過度な借入を防止するという目的と反するものではないため、この総量規制の対象外となるので、この辺はうまく自分の借金に合わせて使っていきたい制度だと言えるでしょう。

消費者金融の一覧と総量規制について

消費者金融を利用する場合には総量規制にかかるかどうかに注意しなければなりません。

 

総量規制は年収の三分の一以上の借り入れができないという制度ですが、貸金業法の対象となる金融機関のみが対象となります。


なので、銀行法の対象である銀行では対象外でありますが、貸金業法の対象である消費者金融は対象となりますので、借り入れが年収の三分の一を超えている場合には借り入れを希望して申し込んでも借り入れをすることができません。

総量規制に掛かれば、消費者金融一覧で新規の借り入れはすることができませんが、おまとめローンであれば総量規制に掛かることはないので、消費者金融においても利用することができます。

これはおまとめローンは新規の借り入れではなく、利用者の利益になることが明らかであるので、総量規制の対象外(事実上は例外)になるのです。