郵便局では貯金担保貸付という融資を行っています。これは郵便局に、

 

  • 担保定額貯金
  • 担保定期貯金
  • 各種の財形定額貯金

等がある場合に、それを担保にお金を借りられる制度です。この制度は個人のみ利用することができ、借入を行える金額は、

 

担保に金利を加算した金額の9割迄で通帳ごとに300万円が上限です。


担保定額貯金か担保定期貯金を担保にすると通常の貯金口座の残高を超える引き落としや引き出しがあった場合、自動的にこの制度を利用した借入になります。従って通常の貯金口座を公共料金などの引き落としに利用している場合、

 

残高不足で引き落とせないといった事が無くなります。


この貯金担保貸付や担保定期貯金、また各種の財形定額貯金には郵便局が扱うものとゆうちょ銀行が扱うものがあり、民営化前から利用している場合は今でも郵便局の扱いとなっていることがありますが、どちらも同様に利用することができます。

郵便局とゆうちょ銀行の関係

現在では郵政事業は民営化され郵便局とゆうちょ銀行は別の会社と銀行になっています。郵便局の扱う預金や融資はゆうちょ銀行の業務で

 

  • 郵便局が代理としてそれらを行っている場合
  • 郵便局の中にゆうちょ銀行の支店が存在する場合

があります。一見複雑ですが、郵便局の扱う金融業務は上記のような民営化前の預金契約を除き、全てゆうちょ銀行が扱っています。郵便局がそれらを扱う場合、銀行代理業を行っているということになります。

この制度とは別に、別にゆうちょ銀行が扱う貯金担保自動貸付という制度がありますが、これは貯金担保貸付とほぼ同様の融資制度ですが、各種の財形定額貯金は担保にできないという点だけが違います。

 

学生でも借りる事ができるのかなぁ・・・


前述しましたが、通常の貯金口座の残高を超える引き落としや引き出しがあった場合に自動的にその分の金額が借入になる制度です。

 

この制度は学生でも担保となる預金があれば利用することができます。


学生の場合は財形型の預金を行うことはできないので、担保定額貯金か担保定期貯金を担保とする貯金担保自動貸付になります。