お金、特に現金を手にするには消費者金融や銀行のカードローンに頼るしかないと思い込まれている人も多いですが、実はみなさんの

 

手持ちのクレジットカードからお金を借りる事も可能です。


クレジットカードを作る時の申込時にキャッシング枠の設定について記載をする項目がある場合もありますし、そうでなくともカードが送られてきた台紙にショッピング枠と同時にキャッシング枠という名で記載があるのに気づかれる方もいるでしょう。

キャッシング枠はその名の通り、いくらまで現金をキャッシングできるかという金額上限を示したもので、提携ATMなどから現金を引き出すことができます。クレジットカードの利用枠は普通に買い物をする際に消費される枠であるショッピング枠と

 

キャッシングするとショッピング枠にも影響するってことかなぁ・・・


このキャッシング枠を合算したものになりますが、殆どの場合ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれている為、総利用可能額イコールショッピング枠という方が多いでしょう。

クレジットカードでお金を借りるデメリットは?

このキャッシング枠を使うとショッピング枠分も消費されることになりますので買い物に使える金額も減ることになります。クレジットカードのキャッシング枠はかなり利率が高いことには注意しなくてはなりません。

 

金利上限である18%当たりに設定されるのが一般的


で、その後利用実績を積み重ねるごとに減らされていくのが一般的です。つまり、何も知らずにとりあえず現金が手に入るからと安易にクレジットカードのキャッシング枠から借りてしまうと後々返済に大きく苦労することになります。

海外での利用価値は高い

だからといって全く使えないかというとそうでもありません。このキャッシング枠は海外においても同じく利用できる枠となっています。海外旅行中になにか緊急の問題があってお金を何とかして手にしたいという時に頼れる存在となるのです。

 

通常のカードローンだと海外ではお金を借りる事ができないけど・・・


日常生活で使うとデメリットしかない高金利のキャッシング手段ですが海外ならばいざという時に頼れる存在に変わってしまうのです。