アルバイト・パートでも少ない収入を利用してうまく行事を切り抜けていかなければいけません。足りない月にはキャッシングしてアルバイト収入を前借するのも一つの方法でしょう。アルバイトの方がキャッシングに申込む条件は、

 

安定収入があれば大丈夫


なんです。しかしやはり収入の少ないアルバイトでは審査が厳しくなるのは否めません。特に審査が厳しいと言われる銀行のカードローンなんかではアルバイトでは厳しいですね。

収入の少ないアルバイトの方はしっかり審査してくれる大手消費者金融に申込む

現在銀行カードローンは金融庁の締め付けを受けています。銀行カードローンの貸付残高は現在、消費者金融のそれを抜いている為、債務超過の温床となっている為に金融庁から制限を受けています。そのため与信の少ないアルバイトやパートなどの銀行カードローンの申込は困難になっているのが現状です。

大手消費者金融のプロミス・アコムはメガバンクや地方銀行のカードローンの保証会社をしている審査能力の高い業者です。カードローン業者はたくさん貸したいのですが銀行は少しのリスクも避ける傾向があるので審査が厳しくなってきます。審査能力のあるプロミス・アコムならどの辺までリスクがないか見極める事ができるのでアルバイトの方でもしっかり審査してくれるのです。

無利息サービスで利息軽減

大手消費者金融プロミス・アコムなら無利息サービスがあるので約一月分が無利息。最初の一月が一番利息が高いのでこれは嬉しいサービスであるとともに、早期返済することで金利の低い銀行カードローンの利息よりも少なく済むのです。

更にプロミスなら無利息期間は初回の借入の翌日から30日なので、減ることなく無利息期間が利用できるのです。

各社無利息期間の詳細

無利息期間の範囲 無利息期間の条件
プロミス 初回の借入の翌日より30日 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録
アコム 契約日の翌日より30日 35日毎返済の選択

すぐに必要な時に便利な即日融資サービス

銀行カードローンでは不可能になった今すぐお金が必要な時に便利な即日融資サービスが大手消費者金融プロミス・アコムなら充実しています。基本即日融資の方法は、アルバイトの方でも社員の方でも同じで、

 

  • 振込による即日融資
  • 当日のカード発行による即日融資

このどちらも銀行カードローンでは不可能になってしまったな領域で、大手消費者金融の得意分野になります。特にプロミスは、瞬フリという振込サービスがありますので、

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの口座であれば、登録すれば24時間365日最短10秒で振込融資が可能になっていますので即日融資に有利です。


その他の口座の場合の振込可能時間は以下のようになっています。

大手消費者金融の即日振込の可能時間

プロミス 全銀システムの稼働時間拡大により振込融資可能金融機関・曜日・時間が拡大しています※
アコム 全銀システムの稼働時間拡大により振込融資可能金融機関・曜日・時間が拡大しています※
SMBCモビット 全銀システムの稼働時間拡大により振込融資可能金融機関・曜日・時間が拡大しています※

※各金融機関により振込融資対応曜日・時間が異なりますので、各カードローン業者のHPで確認してください。

これにより振込可能時間が格段に広がったにも関わらず、もし万が一振込融資を受けられない状況になった場合には、自動契約機で当日にカード発行して即日融資を受けるしかなくなってきます。プロミスの場合は瞬フリがあるので、その対応口座を持っている場合は時間・曜日を気にする必要はありません

当日カード発行する場合は、近くに自動契約機があるかどうかの物理的な問題が出てくるので、どれだけ自動契約機が設置されているのかが問題になります。これもプロミスがダントツに多いので、以下の表で比べて選択してください。

大手消費者金融の自動契約機設置台数とATM併設店舗数

自動契約機設置台数 ATM併設店舗数
プロミス 約1,700台 約1,694店舗
アコム 約1,041台(平成30年4月現在) 約1,041店舗(平成30年4月現在)
SMBCモビット 約435台+三井住友ACM 自社ATMなし

アルバイト・パートに最適なキャッシング

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

    アルバイト・パートでもしっかり審査してくれるのは三井住友銀行他銀行カードローンの保証会社の審査能力。初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もあるので利息も軽減され、金利も大手消費者金融では一番低い。
    即日融資の方法は二種類。即日振込は全銀システムの稼働時間拡大に伴い可能時間・曜日も拡大(詳細はプロミスHPで)。契約完了していれば最寄の自動契約機で即日カード発行可能
    土日祝日でも即日融資可能なのも大手消費者金融の強みです。

    (※即日融資は審査結果によります)

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

    アルバイト・パートでもしっかり審査してくれるのは三菱UFJ他銀行カードローンの保証会社の審査能力。最大30日金利ゼロサービスもあるので利息も軽減されます。
    即日融資の方法は二種類。即日振込は全銀システムの稼働時間拡大に伴い可能時間・曜日も拡大(詳細はアコムHPで)。契約完了していれば最寄の自動契約機(むじんくん)で即日カード発行可能
    土日祝日でも即日融資可能なのも大手消費者金融の強みです。

    (※即日融資は審査結果によります)

  1. SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

目次

アルバイトがキャッシングを利用する場合の注意点

キャッシングを利用する場合には基本的に安定した収入が確保されていると言うことが最低限の条件です。そのためその条件をクリアできている場合には正社員でなくてもアルバイトという雇用形態であっても問題は無いと言えます。

 

アルバイトの収入に関してダメな場合のキャッシングの条件もあるのかなぁ・・・


基本的に消費者金融の場合はほとんどの業者がアルバイトでのキャッシング利用が可能となっていますが、銀行のカードローンの場合は年収が200万円以上でないとダメといった条件があることも考えられるため、その点には注意が必要となります。

アルバイトがキャッシングを利用する場合には保証人は必要なく、

 

保証人及び担保も必要なく融資を受けることが可能です。


その際には保証会社の保証を受けられることが条件となりますので、保証人は必要ないですが保証会社の保証がNGの場合は利用できません。保証会社の保証が可能な場合は申し込みを行い審査を通過できればカードローンの利用が可能になります。

アルバイトのキャッシング利用で融資可能な上限額は?

ですが、消費者金融を利用する場合は貸金業法による総量規制がありますので、アルバイトの場合も正社員同様に

 

年収の三分の一迄の貸付制限が適用されます。


もしアルバイトで得た年収が50万円の場合は、その三分の一にあたる約16~17万円を上限とした融資しか実行できません。勿論、アルバイトの年収が多ければそれだけ融資可能限度額もアップされますが年収の三分の一を超える貸付はできない事を覚えておきましょう。

アルバイト収入を得ている学生のキャッシング利用の条件

学生の身分でアルバイトをしていてカードローンを利用したい場合はフリーターと呼ばれるアルバイトと条件はさほど変わりません。しかし、アルバイトをしていても学生の場合、年齢制限で利用できないケースもありますので

 

20歳以上という年齢制限をクリアできていることが条件となります。


それと学生の利用を認めている業者でなければアルバイトをしていて収入が確保できていた場合でもカードローンの審査を通過できないのでその点にも注意が必要となります。アルバイト歴が短すぎる場合には安定収入を認めてもらえない可能性もあるので、

 

最低半年以上の勤続期間があるほうが審査NGを回避できる可能性が高いです。


カードローンの審査に通らない人の特徴は?

カードローンに申し込んだ場合、必ず審査を受ける必要が出てきます。これはアルバイトの方も同様で、むしろ収入の少ないアルバイトの方が、より厳しく審査されることとなります。

通常借入希望額に見合った収入があり、何も問題が無ければすんなりと審査を通過できるわけですが、

 

中には審査に通らないため契約が出来ない人もいるといえます。


消費者金融のカードローンを申し込んで審査を通らない人は、審査段階で何かしらの問題が生じていることは間違いないですから、それを解消しない限りまず審査を通ることは無いと言えます。審査を通らない理由として考えられるのが、

 

  • 総量規制を超えた金額の申し込みをしている場合
  • 過去に金融事故を起こして信用情報に傷が付いている場合
  • 審査基準を満たしていない場合

が考えられます。


まず総量規制を超えた金額での申し込みに関しては、

 

総量規制では年収の三分の一を超える金額の貸し付けを禁止しているため、それを超える場合は審査段階でNGとなります。


この総量規制は1社だけでなく全ての貸金業法下で営業をする消費者金融、信販会社等のノンバンク、クレジットカードのキャッシング枠に適用されるため、他社での借り入れと今回の申し込み金額の合計が三分の一以上の場合、クレジットカードのキャッシング枠の金額と申し込み金額の合計が三分の一以上の場合も審査を通過できなくなります。

信用情報に傷が付いていると言うケースは、過去に延滞や遅延を繰り返した場合や、債務整理を行っていた場合に起きる可能性が高い事例と言えます。この場合、

 

信用情報から事故情報が消えない限り新たなカードローンの利用は出来ませんから、審査を通ることも無いと言えるでしょう。


審査基準を満たしていないケースでは、年齢が審査基準に達していない、もしくは年齢が審査基準で定められた年齢を超えている場合に起きる事例で、満たない場合は基準の年齢になるまで待つしかなく、超えている場合は利用することが出来ないことになります。

では審査を通過できる人はどのような人かといえば、過去に金融事故を起こしておらず、申し込み金額が年収の三分の一を超えていない人、審査基準を満たしており安定した収入が確保できる人であれば、特に問題なく審査を通過できると言えますので、無理な借り入れや延滞が有る場合の申し込みや、審査基準を良く調べずに申し込みを行うなどは避けたほうが良いと言えるでしょう。

消費者金融でこそアルバイトで申込める有利点があります

消費者金融の特徴とは、収入があれば誰でも手軽に申込めるという点があります。たとえば、ほとんどの消費者金融はアルバイトで収入を得ている人であっても融資の対象としており、必ずしも正社員という勤務形態で働いていなくてもよいという点が、消費者金融をより手軽で身近な存在としているのではないでしょうか。

また、この「アルバイトでも可」という要件を設定することにより、まだ就職前の学生(20歳以上)であってもアルバイトで一定の収入があれアルバイトで借入を受けることができます。とはいえ、アルバイトで収入を得ている人の場合、

 

どうしても正社員などで仕事をしている人よりも、貰える給与が少ないというデメリットがあります。


そのため、消費者金融の利用可能額も正社員の人が申し込んだ場合に比べると低めの設定になっています。誰もが手軽にお金を借りることのできる消費者金融といえど、

 

誰でも無条件に融資を行っているという訳では決してありません。


特にアルバイトの人の場合、もともとの収入が決して多くはありませんので、借りすぎたりするとそれだけで破綻する可能性すらありますし、総量規制により年収の1/3までしか貸金業者では貸すことが出来ないからです。

そのため、複数の消費者金融業者からお金を借りている状態で融資の申し込みを行った場合には審査に通らず、融資が受けられない可能性も十分考えられます。もともと多重債務そのものは社会問題となっていますので、消費者金融側もそのあたりは考えているのかもしれません。

こうした状況を防ぐことを目的として作られた法律が「総量規制」です。総量規制は、消費者金融などを対象とした個人向けキャッシングに対応した法律であり、この法律では、消費者金融などから借入を受けることができる金額について年収の3分の1までと定めています。

トータルの年収が少ないアルバイトの人の場合は、消費者金融で融資を受ける際に早い段階で総量規制の上限に達してしまう可能性があります。アルバイトであっても消費者金融を利用して融資を受けることはできますが、法的な意味も含めてあまり借りすぎないように注意することが大切です。

アルバイトの学生なのですが申込めるキャッシングはありますか?

ほとんどのキャッシング業者が、アルバイトで収入を得ている人であってもアルバイトでお金を借りることができるようになっています。まだ消費者金融でのキャッシングというものが一般的ではなかった時代には、アルバイトで収入を得ている人の場合融資を受けることができなかったこともあったのですが、最近ではほとんどの業者で特に問題なくカードローン融資が受けることができるようになりました。

 

ただし昨今貸しすぎ傾向にある銀行カードローンでは、

  • 専業主婦
  • パート・アルバイト

のような収入の少ない若しくは収入のない方への貸付は金融庁により制限(自主規制)されていますので厳しくなっています。


もちろんアルバイトで収入を得ているということについては、何らかの形で確認をされることになりますが、アルバイトだからといってキャッシング業者から断られるということは基本的にはありません。そのためもしもアルバイトで収入を得ている人が融資を受けることができなかった場合、そこには何らかの理由が存在します。

たとえば消費者金融や銀行などの金融機関では、個人向けの融資もその他の契約事項についても、

 

民法では20歳未満との契約については、その保護責任者が破棄することが出来ることになっています。


例えば、19歳の大学生がキャッシングに申込んで借りたとしても、後で親がその契約を反故にすることもできるのです。こんなことされたらキャッシング業者も商売上がったりなので、申込は必ず20歳以上ということになっています。

これは、キャッシングといえど一種の契約行為であるため、未成年者はこうした契約行為にはかかわることができないという理由からであり、基本的には未成年者の場合は融資を受けることができないということになります。

同様の理由で、あまり高齢の場合にも融資が断られるケースがあります。概ね70歳以上の人の場合はキャッシング業者に申し込みをしても融資が受けられないといった可能性が考えられます。

次に多いのが、既に多額の借入がある場合。最近では、アルバイトであっても正社員で働いている人とほとんど変わらない収入を得ていることがあります。

そのような場合に、複数のキャッシング業者から借入を受ける人も決して珍しくはありませんが、既に他の業者から借入がある状態でキャッシングの利用を申し込んだ場合には、やはり返済能力に難ありと判断されてしまい、融資が受けられないケースが考えられます。

いずれにしても、アルバイトだからという理由だけで融資を断られるということは基本的にはありませんので、安心してください。

キャッシング申込の際の勤務先への在籍確認の電話はアルバイトの場合どうなるの?

キャッシングを申込む際には必ず審査する上で、勤務先への電話で在籍状況を確認するという在籍確認というものが必須になっています。別に架空の名義を使用しているわけでもなく、ちゃんと免許証も名前も提示して電話で審査も受けているのですから、勤務先にわざわざ電話までしなくてもいいのになと感じますよね。

 

しかしカードローン業者も収入源である勤務先から現在も支給し続けられているか確認しなければならない義務があります。


ですのでもちろんアルバイトでも勤務先にカードローン業者から在籍確認の電話は必ずあります。これは金融庁からもしっかり確認するようお達しがあるのでなんとも出来ません。

誰だって勤務先に余計な電話を入れられて、カードローン申込んだなんてことはバレたくないと思うので、それぐらい配慮して欲しいと考えるでしょう。別に借り入れ経験があるからといって、いきなりクビになるということもないでしょうが、何か上司から注意が来るのではないかと冷や冷やして心臓に悪いです。

銀行名を名乗ってくれるカードローン会社ならまだマシなのですが、明らかにみなに知られている大手の消費者金融などだと最悪ですね。別に調査されること自体を不満に思っているわけではないので、はっきりそれと勘付かれない、もう少しスマートな方法を考えてもらいたいです。

 

と、そんな方におすすめなのがプロミスです。プロミスでは在籍確認のバイト先への電話を別の方法で確認する相談が可能です。


プロミスに申込んだ際に掛かってくる申込内容の確認の電話の時に、オペレーターに相談すれば別の確認方法を案内してくれます。これならバイト先の先輩や店長に『私用の電話を職場に掛けさせるな!』と怒られることもないですね。

>>プロミスに在籍確認の電話を相談する

アルバイト・パートにもキャッシングは必要

急な出費にすぐに対応できる消費者金融ですが、意外に知られていない特徴のひとつに、パートやアルバイトで収入を得ている人であってもキャッシングの利用ができるという点です。中でもアコムやプロミスといった、「大手」と呼ばれる消費者金融業者であればアルバイトへのキャッシングの実績も多く、経営母体も大手都市銀行なので安心して利用することができます。

消費者金融を利用するための要件のひとつには、「安定した収入」というものがあります。

 

基本的には、正社員で働いているということが「安定した収入」と判断することができる


のですが、ライフスタイルが多様化し、不況と呼ばれるようになって長い時間が経過した現代では、必ずしも収入を得る手段として正社員でなければならないという選択をしない人も少なくありません。

もちろんそれだけが理由ではありませんが、アコムやプロミスなどをはじめとする消費者金融業者がアルバイトへのキャッシングにも対応しているという側面には、こうした時代背景が関係しているといえます。なお、アルバイトの人がキャッシングを利用するうえで注意したいのは、やはり融資を受ける金額です。

最近ではアルバイトであっても正社員と比べても遜色がないほどの収入を得ている人もいますが、どういてもトータルの収入では正社員に及ばないのが現実です。そのため、

 

消費者金融を利用してキャッシングを受ける場合には、決して借りすぎないことが重要となります。


アコムやプロミスをはじめとする消費者金融では、「総量規制」という法律により、キャッシングを受ける金額は年収の3分の1までという制限がかけられています。こうした法律により、「借りすぎ」といった状況を防ぐことは可能ではありますが、それでも年収の3分の1という上限金額までキャッシングを受けること自体はあまりおすすめできません。

収入と借入のバランスを考えて利用することが、アルバイトで借入を受けるうえで重要なポイントとなります。

レイクALSA(アルサ)ではアルバイトでもキャッシング可能なのか?

近年の自己破産者の増加により、総量規制で規制された消費者金融に代わって台頭してきた銀行カードローンが金融庁に規制されてとても不便になってしまいました。規制内容は、

 

  • 即日融資サービスの廃止
  • おまとめ・借り換え用途での貸付の自粛
  • 専業主婦への貸付を自粛

などです。ですので新生銀行カードローンとして消費者金融並みの金利で営業していたレイクは、この総量規制対象外の銀行カードローンというメリットが活かせなくなってしまいました。

そこで、もともとレイクを運用していて現在ではレイクの保証会社をしている消費者金融の新生フィナンシャルのカードローンをレイクALSAとして生まれ変わらせました。

 

ですので、既に新生銀行カードローンレイクの新規募集は終了しているのでCMもしていません。新生銀行グループとしてはこの消費者金融のカードローンであるレイクALSAを推して行きます。


レイクALSAは消費者金融のカードローンですので総量規制により年収の1/3以上は借りることは出来ませんが、即日融資・借り換えなどの人気用途で貸出が可能となります。で、このレイクALSAではアルバイトの申込は可能なのかというと、

 

安定収入があり、年齢20歳以上であれば申込可能です。


しかし出来たばかり(実際には新生ファイナンシャルカードローンとして以前からある)のカードローンよりも、アルバイトでのキャッシングは安定のプロミス・アコムがおすすめです。

※当サイトは沢山のアルバイトの方に閲覧して頂いております。また当サイトではアルバイトキャッシング体験談や情報・質問を募集しております。

全国銀行協会アルバイトでお金を借りるアルバイト借入消費者金融アルバイト

様々なアルバイトをめぐるキャッシングの利用状況

余裕のない学生のカードローン利用の考え方

次女が私立大学の体育学部に通っていました。体育教師やスポーツトレーナーの資格が取れる学部ですが、文学部などの一般的な学部より学費は少し高めです。授業料だけで500万円以上かかりました。

他に入学金20万円、授業で使うための学校指定のパソコンのレンタル代(4年分)と教科書代で全部で30万円近くを入学時に払いました。入学金や教科書代に関してはあらかじめ分かっていたので用意していたのですが、パソコンレンタル代は予想外の出費でした。

 

合格してからでないと分からない初期費用もあるのだなと感じました。


この年は長女もまだ他の大学の4年生で、この年の学費100万円ほど必要だったので、本当に家計が苦しくて大変でした。そんな時、娘からクレジットカード 学生で持ちたいと相談を受けましたが許可しませんでした。

一時は学資ローンを組むことも考えましたが、家のローンもまだあるなか借金を増やすのは不安でしたし、本人に返済させるのも大学を出たからと言って必ず就職できるとは限らない今の状況を考えると出来ませんでした。

ローンは最終手段と思い、私はパートタイムと派遣のアルバイトを掛け持ちして学費を稼ぎました。それでも後期に納める学費が少し足りなくなり、私の母に援助してもらいなんとか乗り切ることができました。

もし援助してもらえなかった場合は消費者金融での借入を考えていました。パートをある程度の数をこなしていましたが、あまり職場の雰囲気がよろしくなく、私自身も歓迎されていなかった為、消費者金融の在籍確認の電話が掛かってくるのが気が進まなかったので援助してもらって助かりました。

カードローンも利用できない専業主婦のやりくり

38歳の主婦ですが、子供が大きくなって子育てに手がかからなくなってからというもの、頻繁に夫が「お前も外で働いてくれないか?」というので週3回でパートに出るようになりました。

一日8時間労働で一か月約8万円の収入を得ています。ところが私自身、その収入は自分の預金口座にプールしたままにしてあって生活費には1円も使ったことがありません。久々に外で働くようになって改めてお金を稼ぐことの大変さが身に染みるようになりました。

それに私が疲れて帰宅しながらも一人で家事をこなしているのに夫は家事に協力してくれません。だから自分で稼いだ収入を家族のためには使いたくないのです。その貯金も100万円を超えました。

家計のやりくりは私がしていて、夫は細かいチェックなど一切しません。おそらく夫は私のパート代も生活費に充てられていると思い込んでいるのだと思います。内心、(そんな甘い話、あるわけないじゃない!)と舌を出しながら、

 

パートと家事に追われて頑張る毎日を送っているのです。


パートに出るまではカードローンなどの利用もできないのでお金をやりくりするのに頭を痛める事はありません。

カードローンの即日融資でやりくり

給料日前のお財布ピンチ時には消費者金融の利用が便利ですよね。一口に消費者金融といっても様々ありますが、大手のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスやSMBCモビット、アコムあたりは特に利用者が多いと思います。

私も現在SMBCモビットを利用している者のひとりです。SMBCモビットは大手で安心できるのはもちろんですが、SMBCモビット特有の「WEB完結申し込み」というものに私は特に魅力を感じています。

この申込方法で申し込むと素晴らしいことに、誰にも会わずにインターネットだけで利用申し込みをを完了することができるのです。そしてWEB完結なら鬱陶しがられがちな勤務先への電話連絡もなしでできるのです。審査結果によっては即日融資も可能です。

 

これはとてもありがたいことだと思いませんか?


私は対人恐怖症気味でただでさえ人には会いたくないので、この申込方法でキャッシングに申し込みをしましたよ。

アルバイト収入でキャッシングした体験談

アルバイトでキャッシングしてまで嵌ったこと

 

私は30代後半の主婦。私がここ数年嵌って抜け出せずにいるのがワインの飲酒の習慣です。そのきっかけとなったのは数年前に味わったボジョレーヌーボーです。それ以前まであまり飲酒をした経験のなかった私ですが、新酒赤ワインを飲んで以来その美味しさにすっかり嵌りました。それ以来ワインは私の癒しになっていったのですが、それがどんどんエスカレートして今ではついついいつも必要以上に飲んでしまい、毎朝そんな自分に反省の日々。時にはアルバイトをしてキャッシングまでして購入した事もありました。

今日こそは飲みすぎないようにしようと決めて飲むのですが、いったん飲みだすと止めようがなくなってしまい、結局ボトルを開ければ1本2本と一人で飲んでしまうのです。この習慣が定着してから、我が家の生活費も否応なく上がってしまいました。

ストックがなければ飲まないのでは?と思い必要なだけ購入しても、ついつい酔っ払いながらも買い足しに出掛けてしまう私。生活費のためにも、自分の健康のためにもどうにかしないと!と思いながらも嵌りに嵌って抜け出せない習慣なのです。


アルバイトをしてもプロミスが急に必要になる場合もあります

 

カードローンというものも、どのぐらいの金額が借りれるものなのか気になるものです。ローンを考えている私は、今すごく気になっている部分です。カードローンにもよるのですが、私が見た所では、最高500万円までいけるそうです。

カードローンとなると、高い金額を貸してくれないと思っていたので、ちょっとびっくりでした。やはり、急に大きなお金がかかるような事もあります。以前にあって、本当にすごく困り、親にお願いをしました。

しかし、もうもしもの事があっても、親に頼る事はできないと思います。なので、とりあえずは、もしもの時のために、カードを作っておきたいのです。やはり、すぐに利用ができるようなものがあれば、周りに迷惑もかけません。

もちろん、ローンができてしまうのは、すごく大変な事ではあります。しかし、ローンが必要となった場合は、そこは利用をしなくてはいけません。そこでアルバイトでも利用できるようにプロミスの審査を受けたいと思っています。


スマホキャッシングは本当に便利

 

皆さんはどこの消費者金融を利用していますか?こう聞かれて、おそらく多くの方はアコムやプロミスやSMBCモビットなどと大手で有名なところを口にするかと思います。アコムもプロミスもSMBCモビットも、素晴らしい業者ですよね。プロミスもアコムも店舗・ATM数が多いですし、即日カード発行やスマホキャッシングも可能です。

SMBCモビットはWEB完結申し込みというのがとても魅力的です。しかし私は今新生銀行のレイクを利用しています。私は「借入額のうち5万円まで180日間無利息サービス」というものにとても魅力を感じ、レイクを利用し始めました。

ただしこのサービスははじめての人限定で、尚且つ、契約額が1万円から200万円の人限定という条件があります。条件付きとはいえ、180日間もの間無利息になるのは借りる側にとってとても嬉しいことです。返済する際は私はレイクのatmを利用していますが、このATMも年中無休で稼働しているところがとてもありがたいです。また、一万円札の両替機能も意外と便利で地味に役立っています。