アルバイト先の外国人とのコミュニケーション

私が働いてたマクドナルドでは外国人がかなり多くアジア系の人種の外国人がかなり多かったです。何故こんなに採用されるのかとパソコンで調べたことがあり、マクドナルドは積極的に色々な外国人を採用すると書いてあり、納得だなと思いました。多国籍の人が沢山いるなか聞こえてくるのは片言の日本語ばかり。

 

皆なりに一生懸命努力をして日本語とメニューを覚えて感動しました、国籍は違くてもやることが同じというのはとても感慨深いことだったと思います。休憩室では色々な人がいます、おばちゃんだったりおじちゃんだったりはたまた学生だったりその輪のなかに入っているのは外国人で時おり出てしまう発音の良い英語にみんな笑ってしまい和やかなムードのままバイトに向かいます。

 

一度だけ訪ね聞いたことがあります、何故沢山あるうちのバイトの中でマックを選んだのか、そしたら色々家が近かったり色々理由がありましたが、マックは海外でも人気だからっていう理由が一番彼達にとって働く理由なのです。私のところでは基本的に厨房を外国人は担当していました。

 

接客なども何人かやっている人もいましたがそれはあくまで手が空いた時だけ。接客などレジなどは基本的に日本人がやることが多かったです。

 

外国人が多いアルバイトだと大変だなとか色々思ったりすることはあります、教えても中々覚えられなかったりより、簡単に説明する方法を探さなければなりません。必然的に英語ができる先輩だったり人に頼むこともあります、しかし外国人が多いアルバイトはとても楽しく多国籍が集まる中皆が楽しく作業して教えあったりする経験はとても貴重なものとなりました。