キャッシングはアルバイト・パートでもこのようにして利用できます!

アルバイト・パートでも少ない収入を利用してうまく行事を切り抜けていかなければいけません。足りない月にはキャッシングしてアルバイト収入を前借するのも一つの方法でしょう。アルバイトの方がキャッシングに申込む条件は、

 

 

安定収入があれば大丈夫


なんです。しかしやはり収入の少ないアルバイトでは審査が厳しくなるのは否めません。特に審査が厳しいと言われる銀行のカードローンなんかではアルバイトでは厳しいですね。

収入の少ないアルバイトの方はしっかり審査してくれる大手消費者金融に申込む

現在銀行カードローンは金融庁の締め付けを受けています。銀行カードローンの貸付残高は現在、消費者金融のそれを抜いている為、債務超過の温床となっている為に金融庁から制限を受けています。そのため与信の少ないアルバイトやパートなどの銀行カードローンの申込は困難になっているのが現状です。

 

大手消費者金融のプロミス・アコムはメガバンクや地方銀行のカードローンの保証会社をしている審査能力の高い業者です。カードローン業者はたくさん貸したいのですが銀行は少しのリスクも避ける傾向があるので審査が厳しくなってきます。審査能力のあるプロミス・アコムならどの辺までリスクがないか見極める事ができるのでアルバイトの方でもしっかり審査してくれるのです。

無利息サービスで利息軽減

大手消費者金融プロミス・アコムなら無利息サービスがあるので約一月分が無利息。最初の一月が一番利息が高いのでこれは嬉しいサービスであるとともに、早期返済することで金利の低い銀行カードローンの利息よりも少なく済むのです。

 

更にプロミスなら無利息期間は初回の借入の翌日から30日なので、減ることなく無利息期間が利用できるのです。

各社無利息期間の詳細
無利息期間の範囲 無利息期間の条件
プロミス 初回の借入の翌日より30日 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録
アコム 契約日の翌日より30日 35日毎返済の選択

すぐに必要な時に便利な即日融資サービス

銀行カードローンではなかなか実現できない今すぐお金が必要な時に便利な即日融資サービスが大手消費者金融プロミス・アコムなら充実しています。基本即日融資の方法は、アルバイトの方でも社員の方でも同じで、

 

 

  • 振込による即日融資
  • 当日のカード発行による即日融資

このどちらも銀行カードローンでは苦手な領域で、大手消費者金融の得意分野になります。特にプロミスは、瞬フリという振込サービスがありますので、

 

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの口座であれば、登録すれば24時間365日最短10秒で振込融資が可能になっていますので即日融資に有利です。


その他の口座の場合の振込可能時間は以下のようになっています。

大手消費者金融の即日振込の可能時間
プロミス 平日14:00までにオンライン契約完了で可能
アコム 平日14:00までにオンライン契約完了で可能
モビット 平日14:50までに契約後に振込手続き完了で可能

これらの振込可能時間に間に合わなかった場合や、土日祝日の金融機関の休業日には自動契約機で当日にカード発行して即日融資を受けるしかありません。プロミスの場合は瞬フリがあるので、その対応口座を持っている場合は時間・曜日を気にする必要はありません

 

当日カード発行する場合は、近くに自動契約機があるかどうかの物理的な問題が出てくるので、どれだけ自動契約機が設置されているのかが問題になります。これもプロミスがダントツに多いので、以下の表で比べて選択してください。

大手消費者金融の自動契約機設置台数とATM併設店舗数
自動契約機設置台数 ATM併設店舗数
プロミス 約1,700台 約1,694店舗
アコム 約1,109台 約1,109店舗
モビット 約435台 自社ATMなし
アルバイト・パートに最適なキャッシング
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

アルバイト・パートでもしっかり審査してくれるのは三井住友銀行他銀行カードローンの保証会社の審査能力。初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もあるので利息も軽減され、金利も大手消費者金融では一番低い。
即日融資の方法は二種類。即日振込は平日14:00までにオンライン契約完了で可能。契約完了していれば最寄の自動契約機で即日カード発行可能
土日祝日でも即日融資可能なのも大手消費者金融の強みです。

(※即日融資は審査結果によります)

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

アルバイト・パートでもしっかり審査してくれるのは三菱東京UFJ他銀行カードローンの保証会社の審査能力。最大30日金利ゼロサービスもあるので利息も軽減されます。
即日融資の方法は二種類。即日振込は平日14:00までにオンライン契約完了で可能。契約完了していれば最寄のむじんくんで即日カード発行可能
土日祝日でも即日融資可能なのも大手消費者金融の強みです。

(※即日融資は審査結果によります)

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

金利 年利 1.8%〜14.6%
限度額 最高 500万円

アルバイトで安定収入がなくてもある条件で申込める

アルバイト・パートで安定収入がなくてもある条件で申込むことができます。それは

 

 

配偶者に収入がある主婦(主夫)である


という条件です。配偶者の与信で審査してくれるということなんですね。残念ながらこれは消費者金融ではできませんので銀行カードローンに限ります。その中で配偶者にバレずに申込む事ができるのが主婦(主夫)専用に借入枠を小額に設定した専業主婦カードローンなのです。

専業主婦でも申込できる低金利キャッシング

金利 年利 2.2%〜17.5%
限度額 最高 800万円

アルバイトがキャッシングを利用する場合の注意点

キャッシングを利用する場合には基本的に安定した収入が確保されていると言うことが最低限の条件です。そのためその条件をクリアできている場合には正社員でなくてもアルバイトという雇用形態であっても問題は無いと言えます。

 

 

アルバイトの収入に関してダメな場合のキャッシングの条件もあるのかなぁ・・・


基本的に消費者金融の場合はほとんどの業者がアルバイトでのキャッシング利用が可能となっていますが、銀行のカードローンの場合は年収が200万円以上でないとダメといった条件があることも考えられるため、その点には注意が必要となります。

 

アルバイトがキャッシングを利用する場合には保証人は必要なく、

 

 

保証人及び担保も必要なく融資を受けることが可能です。


その際には保証会社の保証を受けられることが条件となりますので、保証人は必要ないですが保証会社の保証がNGの場合は利用できません。保証会社の保証が可能な場合は申し込みを行い審査を通過できればカードローンの利用が可能になります。

アルバイトのキャッシング利用で融資可能な上限額は?

ですが、消費者金融を利用する場合は貸金業法による総量規制がありますので、アルバイトの場合も正社員同様に

 

 

年収の三分の一迄の貸付制限が適用されます。


もしアルバイトで得た年収が50万円の場合は、その三分の一にあたる約16〜17万円を上限とした融資しか実行できません。勿論、アルバイトの年収が多ければそれだけ融資可能限度額もアップされますが年収の三分の一を超える貸付はできない事を覚えておきましょう。

アルバイト収入を得ている学生のキャッシング利用の条件

学生の身分でアルバイトをしていてカードローンを利用したい場合はフリーターと呼ばれるアルバイトと条件はさほど変わりません。しかし、アルバイトをしていても学生の場合、年齢制限で利用できないケースもありますので

 

 

20歳以上という年齢制限をクリアできていることが条件となります。


それと学生の利用を認めている業者でなければアルバイトをしていて収入が確保できていた場合でもカードローンの審査を通過できないのでその点にも注意が必要となります。アルバイト歴が短すぎる場合には安定収入を認めてもらえない可能性もあるので、

 

 

最低半年以上の勤続期間があるほうが審査NGを回避できる可能性が高いです。


アルバイト・パートにもキャッシングは必要

急な出費にすぐに対応できる消費者金融ですが、意外に知られていない特徴のひとつに、パートやアルバイトで収入を得ている人であってもキャッシングの利用ができるという点です。中でもアコムやプロミスといった、「大手」と呼ばれる消費者金融業者であればアルバイトへのキャッシングの実績も多く、経営母体も大手都市銀行なので安心して利用することができます。

 

消費者金融を利用するための要件のひとつには、「安定した収入」というものがあります。基本的には、正社員で働いているということが「安定した収入」と判断することができるのですが、ライフスタイルが多様化し、不況と呼ばれるようになって長い時間が経過した現代では、必ずしも収入を得る手段として正社員でなければならないという選択をしない人も少なくありません。

 

もちろんそれだけが理由ではありませんが、アコムやプロミスなどをはじめとする消費者金融業者がアルバイトへのキャッシングにも対応しているという側面には、こうした時代背景が関係しているといえます。なお、アルバイトの人がキャッシングを利用するうえで注意したいのは、やはり融資を受ける金額です。

 

最近ではアルバイトであっても正社員と比べても遜色がないほどの収入を得ている人もいますが、どういてもトータルの収入では正社員に及ばないのが現実です。そのため、消費者金融を利用してキャッシングを受ける場合には、決して借りすぎないことが重要となります。

 

アコムやプロミスをはじめとする消費者金融では、「総量規制」という法律により、キャッシングを受ける金額は年収の3分の1までという制限がかけられています。こうした法律により、「借りすぎ」といった状況を防ぐことは可能ではありますが、それでも年収の3分の1という上限金額までキャッシングを受けること自体はあまりおすすめできません。

 

収入と借入のバランスを考えて利用することが、アルバイトで借入を受けるうえで重要なポイントとなります。

 

※当サイトは沢山のアルバイトの方に閲覧して頂いております。また当サイトではアルバイトキャッシング体験談や情報・質問を募集しております。

アルバイト収入でキャッシングした体験談

アルバイトでキャッシングしてまで嵌ったこと

 

私は30代後半の主婦。私がここ数年嵌って抜け出せずにいるのがワインの飲酒の習慣です。そのきっかけとなったのは数年前に味わったボジョレーヌーボーです。それ以前まであまり飲酒をした経験のなかった私ですが、新酒赤ワインを飲んで以来その美味しさにすっかり嵌りました。それ以来ワインは私の癒しになっていったのですが、それがどんどんエスカレートして今ではついついいつも必要以上に飲んでしまい、毎朝そんな自分に反省の日々。時にはアルバイトをしてキャッシングまでして購入した事もありました。

 

今日こそは飲みすぎないようにしようと決めて飲むのですが、いったん飲みだすと止めようがなくなってしまい、結局ボトルを開ければ1本2本と一人で飲んでしまうのです。この習慣が定着してから、我が家の生活費も否応なく上がってしまいました。

 

ストックがなければ飲まないのでは?と思い必要なだけ購入しても、ついつい酔っ払いながらも買い足しに出掛けてしまう私。生活費のためにも、自分の健康のためにもどうにかしないと!と思いながらも嵌りに嵌って抜け出せない習慣なのです。


アルバイトをしてもプロミスが急に必要になる場合もあります

 

カードローンというものも、どのぐらいの金額が借りれるものなのか気になるものです。ローンを考えている私は、今すごく気になっている部分です。カードローンにもよるのですが、私が見た所では、最高500万円までいけるそうです。

 

カードローンとなると、高い金額を貸してくれないと思っていたので、ちょっとびっくりでした。やはり、急に大きなお金がかかるような事もあります。以前にあって、本当にすごく困り、親にお願いをしました。

 

しかし、もうもしもの事があっても、親に頼る事はできないと思います。なので、とりあえずは、もしもの時のために、カードを作っておきたいのです。やはり、すぐに利用ができるようなものがあれば、周りに迷惑もかけません。

 

もちろん、ローンができてしまうのは、すごく大変な事ではあります。しかし、ローンが必要となった場合は、そこは利用をしなくてはいけません。そこでアルバイトでも利用できるようにプロミスの審査を受けたいと思っています。


スマホキャッシングは本当に便利

 

皆さんはどこの消費者金融を利用していますか?こう聞かれて、おそらく多くの方はアコムやプロミスやモビットなどと大手で有名なところを口にするかと思います。アコムもプロミスもモビットも、素晴らしい業者ですよね。プロミスもアコムも店舗・ATM数が多いですし、即日カード発行やスマホキャッシングも可能です。

 

モビットはWEB完結申し込みというのがとても魅力的です。しかし私は今新生銀行のレイクを利用しています。私は「借入額のうち5万円まで180日間無利息サービス」というものにとても魅力を感じ、レイクを利用し始めました。

 

ただしこのサービスははじめての人限定で、尚且つ、契約額が1万円から200万円の人限定という条件があります。条件付きとはいえ、180日間もの間無利息になるのは借りる側にとってとても嬉しいことです。返済する際は私はレイクのatmを利用していますが、このATMも年中無休で稼働しているところがとてもありがたいです。また、一万円札の両替機能も意外と便利で地味に役立っています。


更新履歴